めためたにっき。

一時創作小説(ボーイズラブメイン)サイト「めたぶくろ」に連動しつつ、まったりな日常を書いたりもしてます。苦手な方は閲覧はご遠慮下さいませ(礼)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-14 [ Sun ]

珍しく一人きりの予定があった。
私は大抵、誰かと一緒にしか行動しない。何故ならば、自分で「何をしよう」と計画をたてても、当日面倒で家でごろごろしてしまうから(だって家って一番居心地がいい場所なんだ私にとっては)。なので買い物しようと思ったら寝て、映画を観ようと思ったら本を読んで、ちょっと洒落たところでランチかお茶を、と思っても結局家人のご飯をあぐあぐ食べていたり。観ようと頑張って取った舞台のチケットでもない限り(そしてそれはまず地元ではない)、私は家で自堕落にしていることが多い。寧ろルーティン。

なのに一人で出かけたのも多分、今無職故の気軽さがあるんだろうなと思うんだが(受けたのは今のところ全敗。だからこそ無職というのだ)。
髪をさっぱりしてきた後に、今日のメイン。舞台鑑賞。
数日前たまたま食べに行ったファミレスに貼ってあったポスター。いつもなら「あ、そう」で終わる筈なんだが…暇なのと、何処かで聞いたことがある内容だったので、行ってみようかと思ったのだ。

演劇集団嘘憑堂第11回公演「半神」原作・萩尾望都
http://www.tellalie.net/index.htm

正直、萩尾先生の本を読んだことはあっても、「半神」はなかった。どんな内容だかよくわかってもいなかったのだが、興味を引かれて観に行くことにした、と言ってもいい。

直前に図書館で本を借り(文化センターの4・5階は市立図書館)感想としては。

何処まで萩尾望都・野田秀樹の脚本を脚色したのかはわからないが、よかったのではないかと思う。
虚々実々が入り交じり静と動がいい按配にミックスされていて、舞台装置としては単調な中日常の小道具をうまく使っていたような気がした。
最後、不覚にもほろりとさせられたし(ただ、私は基本的に涙もろいので何処までが舞台の成果かは判断しにくいが)。

ただどうも、動きの単調さはまだしも、台詞をやたらと叫ぶのは多少いただけなかったか。大きな声でやたらと絶叫されては何を言ってるのかよくわからんこと多々あり(ただでさえ観念的というか、抽象的というか、そういう舞台なんだから台詞は分かるようにして欲しかったぞ、とこそり呟いたり)。……叫ぶだけが、表現じゃないよね?

と、一人で勝手に満喫してきた今日は母の日。当人の希望により、私の母の日は後日延期決定。




(以前のブログの引き写しにつき、現状とは色々違っておりまする。が、今でも一人ではおでかけしませんね。おうち大好きです)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meta296.blog44.fc2.com/tb.php/154-16972bbc

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

グリムス

プロフィール

藤香(ふじこ)

Author:藤香(ふじこ)
現在は関東在住、生まれも育ちも生粋の東北人。
男女カップル・同性カップル・現代物もファンタジーもSFも好物。
雑食に一歩及ばないのは、ハッピーエンド至上主義者のためか。

最新コメント

カテゴリーメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。