めためたにっき。

一時創作小説(ボーイズラブメイン)サイト「めたぶくろ」に連動しつつ、まったりな日常を書いたりもしてます。苦手な方は閲覧はご遠慮下さいませ(礼)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-19 [ Fri ]
先日、友人と待ち合わせて東京宝塚劇場の『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』を堪能してきました。


ええ、堪能です。


腐女子的萌えポイントはなかったものの(こら)、宝塚ならではの華麗さと一本物ならではの物語の重厚さにうっとり。色々な事情により、今は星組しか観てないんですが、そのせいで観る側の私の方が宝塚への愛を凝縮して観る感じで年に二度ほどのこの機会はやっぱり外せません。


以下、愛が濃すぎるので折りたたみます。

いやぁ、しかしトップ二人が歌に定評があると聞きごたえがありますね。私は星組の前トップ、湖月わたるさんのファンで、なので全組見ていた時も星組のチケットは友の会で外しても一般発売で頑張っていたものです(他の組は結構諦めたりもしたのですが…大体8000円の席で見ていたので、往復の料金も考えれば万札が二枚くらい飛びましたから)。
なので、湖月さんが退団された後も星組の他のジェンヌさんも結構好きで星組を観続けているのですが、湖月さんとは違う魅力の安蘭けいさんがまた芸達者な方ですごく安心して観ていられるんですよね。前回の「エル・アルコン」もすごく良かったのですが、今回の「スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)」もまたいい!

「エル・アルコン」では野望を持った海賊のダーク・ヒーローを演じた安蘭さんですが、「紅はこべ」ではフランス革命直後の混乱期、ギロチンが大量に血を吸った時代にフランス貴族を国外に逃がしている、正体が分からない謎のヒーロー「スカーレット・ピンパーネル」。そして、その正体でもあるイギリス貴族パーシーを志を隠し、狩りや遊びが好きで派手な格好を好む伊達男として軽薄に演じてます。あまりに軽佻浮薄で最後の最後まで彼の正体に彼を探しているフランス革命軍の公安委員も見抜けない有様。
確かに色々と冷静になってツッコミを入れれば幾らでもいれられるストーリー展開ではあるのですが、硬軟巧みに入り混じった安蘭さんの演技と圧巻の歌、一般的な宝塚娘役とは違う役どころを見事に演じきって澄んだ美しい歌声を聞かせてくれたあすかちゃんと、初の悪役に体当たりで挑んで凄みも出つつその凄みゆえの硬くなさが安蘭さん演じるイギリス貴族パーシーのコメディタッチな場面の演技と好対照で笑いを誘ったり、ラスト近くの剣を持ったダンスシーンでは感嘆のため息を誘う柚希くんとか。勿論、あすかちゃんの弟役だった和くんの爽やか演技も個人的には外せない。そんな面々の織り成す舞台が、見事に観客(私を)引き込むんですよねー。基本的にストーリーを追う派なので原作知らないほうが楽しめるんですが(下手に知ってると突っ込みますからね。ベルばらみたいに)、これは知っていても楽しめるかもしれないなぁ、とも思います。

いやぁ、でもフランス革命の後っていう設定がまたいいですよね。宝塚といえば「ベルばら」。そのお家芸の後の時代っていうのも宝塚ファン的にはにんまりする感じで。それに開始直後の革命の興奮に踊らされるまま、血に飢えた民衆の群舞がまた背筋がぞくぞくしました。「エリザベート」とかでもそうなんですけど、名もなき群集の大きな意思の歌って、大好きなんです。

ああ、これはいつか何処かで再演してもいいんじゃないかなぁ。そう、堪能しつつため息の私でした(「エル・アルコン」もそうだったんですけど、あれはトップ二人と二番手が宝塚カラーの脱げる芸達者じゃないと難しいんですよね)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://meta296.blog44.fc2.com/tb.php/28-364767ce

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

グリムス

プロフィール

藤香(ふじこ)

Author:藤香(ふじこ)
現在は関東在住、生まれも育ちも生粋の東北人。
男女カップル・同性カップル・現代物もファンタジーもSFも好物。
雑食に一歩及ばないのは、ハッピーエンド至上主義者のためか。

最新コメント

カテゴリーメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。